bootstrap responsive templates

スタッフ紹介

エコチル調査は、妊婦さんを取り巻く環境のなかのさまざまな要因が、子どもの成長や発達に及ぼす影響について調べる調査で、約10万人の子どもを対象として13歳になるまで行われる、日本ではじめての全国的な疫学調査です。日本国内の15カ所が調査対象地域(ユニット)となっていますが、この1つである南九州・沖縄ユニットのうち熊本サブユニットでは人吉・球磨、水俣・芦北、天草の3地区にお住まいの、合計約3,000人の妊婦さんにご協力いただき、ほぼ予定通りのリクルートが達成されました。調査の最終的な結果が出るのは約15年後ですが、それまでの間も、様々な中間報告が出される予定です。
 産婦人科、小児科医療機関の方々は勿論ですが、保健師さんや行政の方々、そしてなによりそれぞれの地区で出産されたお母さんとそのご家族のご協力によってはじめて、日本の子どもたちにとって望ましい環境が明らかになります。次世代を担う子どもたちのため、エコチル調査へいっそうのご理解とご協力をお願い申し上げます。

3大学連携責任者・パイロット調査責任者  熊本大学大学院 生命科学研究部 環境生命科学講座 公衆衛生学分野教授

サブユニットセンター長・
産科調査責任者
熊本大学大学院
産科婦人科学講座准教授

熊本大学病院 新生児学寄附講座特任教授

熊本大学大学院 生命科学研究部小児科学講座教授

熊本大学大学院 生命科学研究部附属エコチル調査
南九州・沖縄ユニットセンター